注目キーワード

プロバイダーの意味とは?プロバイダーとは何?

プロバイダーとは?

自宅などでインターネットを利用する際には、まず回線がつながっている必要があります。
物理的に有線でつなげることが多く、現在の主流は光回線です。
例えば、NTTの「フレッツ光」、softbankの「sonftbank光」といったところが主な回線業者になります。
しかしインターネットは、線がつながっているから使えるという訳ではなく、回線の先から全世界へとネットワークを広げるために「プロバイダー」が存在します。
回線業者が敷いた回線という線路に、実際の情報である電車を走らせるのがプロバイダーの役割です。
インターネットの世界につながる入り口となるのがプロバイダーの役割なので、プロバイダーと契約していないとインターネットを利用できません。
またプロバイダーによって速度の違いがあり、サービス面でも特徴がこちなります。
自分のインターネットの使い方によってプロバイダーを選ぶ事ができます。
最近では、LTEやWiMAXといった高速無線通信も出てきました。
自宅では無線通信からWifiを使って利用するという使い方もできますが、その場合携帯キャリア会社やWiMAXの業者がプロバイダーということになります。
回線業者は、あまり数がありません。線を引く作業があり、元々電話回線網を持っているNTTの光フレッツが優勢です。
一方でプロバイダーは自分でいろいろと選ぶことができます。
回線がフレッツ光なら、フレッツ光に対応したプロバイダーを選ぶということです。
プロバイダーはそれぞれ特徴が異なり、料金やサービス面でプロバイダーによって大きな違いがあります。ですので、自分のインターネットの利用スタイルによって選ぶことが大事です。
インターネットを使うなら、なるべく安くすませたいと思いますね?
ネット回線は代理店経由で申し込みする事で、キャッシュバックが貰えたり、月額料金が下がったりする事があります。
NTTへ直接申し込みをしても、お得なキャンペーンを全く利用する事ができません。
ですので、当サイトで紹介しているおすすめプロバイダーからプロバイダーを選んでみて下さい。