注目キーワード

インターネットのプロバイダー一覧

インターネットを繋ぐといっても、回線とプロバイダの両方の契約が必要です。
では、ネット回線の種類から見ていきましょう。

ネット回線の種類

大きく分けると、ネット回線は主に5種類あります。

ネット回線5種

  • 光回線
  • モバイル
  • ケーブルテレビ
  • ADSL
  • ダイヤルアップ

プロバイダの種類

プロバイダは主に「通信会社系」、「電力会社系」、「電機メーカー系」の3種類に分けることができます。

通信会社系

回線を持っていて、携帯電話会社をやっている通信会社には、系列のブロバイダがあります。NTT系やKDDI系、ソフトバンク系があります。NTT系の代表的なプロバイダは、OCN・ぷららなどです。KDDI系は、auひかり・コミュファひかりなどがあります。ソフトバンク系のプロバイダには、Yahoo!BBがあります。
通信会社系プロバイダの利点は、電話料金とプロバイダ料金を一緒にすることによって得られる割引があることや、料金の支払いが合算されて1回で済むことなどです。

電力会社系

具体的には、Pikara、BBIQ、HOTCNやeo、MEGAEGGなどがあり、地域密着のプロバイダであるのが特徴です。HOTCNは北海道、eoは関西、MEGAEGGは中国、Pikaraが四国、BBIQが九州で展開しているプロバイダです。
電力会社系のプロバイダは、電柱や電線をそのまま利用してインターネットへの接続が行っているので、回線利用料がより安価に設定されています。

電機メーカー系

電機メーカー系にも、プロバイダがあります。BIGLOBEや@nifty、So-netなどが有名です。

モバイル回線のプロバイダ

また、wimaxやLTEをはじめとした、モバイル端末系があります。
これらは、wimaxやLTEといった規格の回線を管理している会社が一括で接続サービスを行っているので、基本的にプロバイダが必要ありません。
通信圏内であれば、どこでもインターネットが利用できます。工事の手間もなく、会社に申込んで端末をレンタルすれば、即日インターネットを利用できます。
現在は、固定回線と同等の速度が出ます。