基礎知識

パソコンプロバイダー。パソコンでインターネットを使うには?

更新日:

インターネットをするには、必要なものがあります。それは、インターネット回線とプロバイダの契約です。
今現在インターネットを使用しているという場合は、この2つがすでに準備できているということになります。
回線とプロバイダにはそれぞれ役割があります。
インターネット回線というのは、文字通り回線です。情報のやり取りをどういう回線で行うか、どの会社のものを使うかというものです。
インターネット回線やプロバイダには、よく聞く会社が多いと思います。具体的には、下記のような回線事業者やプロバイダがあります。
インターネット回線
NTT東西:光・ADSL
KDDI:光
電力会社:光
CATV:光・ケーブルテレビ回線
WiMax:無線
プロバイダ
OCN
ぷらら
So-Net
Nifty
Biglobe
最近ではやはり光回線が一番多いと思います。
戸建では光回線をそのまま宅内に引いたり、マンションでも直接光を引いたりマンションの1Fまで光でそこから部屋までは電話回線というパターンもあります。
ADSLは、従来の電話回線で ADSL信号を使って行う比較的高速なインターネット回線です。
しかし、光回線の普及で ADSLは少なくなってきています。
次に多いのがケーブルテレビです。
各地域にケーブルテレビ会社はあります。宅内までは同軸ケーブルを使用することが多いです。
また 無線でも高速な通信が可能となってきており 使用できるエリアも増えていることから Wimaxなどの回線もよく使用されるようになってきました。
回線にプロバイダを組み合わせてインターネットを始めることができるのですが、プロバイダは国内に何百社もあります。
同じNTTの光を利用していても、それぞれ利用者によって契約しているプロバイダは違ってきます。
回線の契約時に 事前に対応しているプロバイダから選べるようになっていることもあるし、自分でプロバイダだけ別途申し込むこともあります。
電力系の光回線の場合は、回線事業者が回線とプロバイダを兼ねていることがほとんどです。
すでに2つで1つセットになっているので、プロバイダを別に選ぶということはほとんどありません。
例えば 関西電力系のケイオプティコムなら eonet、四国電力系のSTNetなら、ピカラがプロバイダになります。
ケーブルテレビも電力系と同じです。回線とプロバイダの両方をセットにして提供しています。
ケーブルテレビ最大手のJ-COMなら プロバイダはJ-COMです。
またプロバイダがNTT回線を借り受けて、サービスを提供する会社もあります。
具体例には、NURO光があります。
回線そのものはNTTの光ですが、プロバイダのSo-netがNTTから回線を借り受けて回線とプロバイダをセットでサービスを提供しています。
NTTの光ファイバー網は、NTT東西のみが使っていたのですが、2015年からプロバイダ・電気通信事業者に「卸売り」を開始しています。
これにより、これまでインフラを持っていなかったプロバイダが光ファイバーを回線として持つことができるようになり、自社のプロバイダ事業と一括して自由な料金設定や割引サービスを提供しています。
このような形態を光コラボレーションモデルといい、サービスを提供する事業者を光コラボレーション事業者といいます。
具体例としては、OCN光、ドコモ光、excite光 、@nifty光などがあります。
光コラボレーションモデルでは、回線とプロバイダは同じ会社ということになります。

Wimax、Wimax2

Wimax、Wimax2は、無線の通信規格のことをいいます。大容量・高速のモバイル通信のことです。
このWimax、Wimax2は その回線の管理をUQコミュニケーションが行っています。ですので、 WimaxはUQ Wimaxともいいます。
プロバイダを、例えばBiglobeなどにすることもできます。
Biglobeは UQコミュニケーションズから回線を借りて 自社のプロバイダとセットで提供しているということになります。
もうひとつのモバイル回線は、LTEを使用したサービスがあります。
例えば、au、ドコモ、ソフトバンク、Yモバイルがあります。
これらは、基本的に回線もプロバイダともに、携帯電話各社のものを利用していることになります。
回線とパソコンをつないでいるものに 回線終端機器、モデム、ルーターなどがあります。
光回線では回線終端機器(ONUともいいます)、ADSL回線ではモデム、CATV回線などではケーブルモデムが使われます。
これらの機器があることで、パソコンと回線をつなぎインターネットの準備が整います。
あとはプロバイダのIDやパスワードをパソコンやモデムに繋がっているルーターに設定します。これでインターネットをすることができます。
 
WimaxやYモバイル、LTEでは モバイルルーターという機器を使います。電源をONにするとすぐに使えます。

今使っているパソコンのプロバイダーを調べるには?

http://www.ugtop.com/spill.shtml
ここにアクセスして、現在接続している場所(現IP)を調べます。
そのIPを
http://www.mse.co.jp/ip_domain/
ここでIPドメインサーチにかけると大抵判明します。
 
 

【2018年7月更新】WiMAXおすすめプロバイダ!!

Broad WiMAX

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★★

通常18,857円する初期費用がキャンペーンで無料!月額料金も2,726円から利用することができ業界最安級です。WiMAXが提供されたころからプロバイダとして運営しており、数多くのユーザーを獲得する信頼性の高いWiMAXです。2年利用すれば、最新の端末に機種変更することも可能で、月額料金もさらに安くなるのでおすすめのWiMAXです。

ギガ放題
プラン
1~2か月目 3~24か月目 2年間総額 25か月目以降 契約期間
月額2,726円 月額3,411円 83,357円 月額4,011円 3年
キャンペーン 事務手数料 支払い方法 auスマートバリューmine
月額料金割引
初期費用18,857円無料
3,000円 クレジットカード
口座振替
適応OK

GMO とくとくBB

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★★
口コミ評判
★★★★

「得の極みキャンペーン」は初月と翌月が月額800円で利用することができます。初期費用を安く抑えられるGMOとくとくBBWiMAXは、大手プロバイダで信頼性も抜群です。最新のWiMAXモバイルルーターを3年契約で利用することができます。初期費用を抑えて、最新のルーターを利用したい方におすすめのプロバイダです。

ギガ放題
プラン
1~2か月目 3~24か月目 2年間総額 25か月以降 契約期間
月額800円 月額3,344円 78,968円 月額4,263円 3年
キャンペーン 事務手数料 支払い方法 auスマートバリューmine
月額料金割引 3,000円 クレジットカード 適応OK

So-net モバイル WiMAX 2+

月額料金
★★★★★
特典内容
★★★★
口コミ評判
★★★★

So-net WiMAX2+は3年プランのみですが、月額料金がずっと3,280円で利用できるプロバイダです。SONYの関連会社が運営するプロバイダなので安心して利用することができます。最大12か月無料で使えるオプションも充実しています。長期的に契約したい方・オプションを試してみたい方におすすめのWiMAXです。

ギガ放題
プラン
1~2か月目 3~24か月目 2年間総額 36か月目以降 契約期間
月額3,280円 月額3,280円 81,720円 月額4,379円 3年
キャンペーン 事務手数料 支払い方法 auスマートバリューmine
月額料金割引 3,000円 クレジットカード 適応OK

-基礎知識
-, , ,

Copyright© WiMAXおすすめ比較.jp|お得プロバイダキャンペーン , 2018 All Rights Reserved.