注目キーワード

WiMAXの速度規制とは?

WiMAX2+の速度制限って?

WiMAXには、3つの速度制限があります。

「ギガ放題プラン」|3日間で合計10GB使うと、翌日の夜だけ1Mbps前後の速度制限
「7GB通常プラン」|月合計7GBを使うと月末まで128kbpsの速度制限
「au 4G LTE利用時」|月合計7GB使うと月末まで128kbps速度制限

「ギガ放題プラン」の速度制限
WiMAXのほとんどのユーザーが「ギガ放題プラン」を選びますが、こちらのプランの場合、速度制限は「3日間で10GB使った場合、翌日の夜だけ」というとてもゆるい内容です。
制限後の速度は1Mbpsなので、YouTubeの標準画質の動画は視聴が可能なレベルです。
制限された後の速度は、実際には1Mbps?3Mbps、もっと早ければ6Mbpsでます。
制限されたとしても夜の18時頃?翌2時の8時間のみで、それ以降は制限が解除されますので、通常利用であれば問題なく10GBのデータ容量g2491fp6qa2s6ix1i.xyz/img/index_tbl_01.png” alt=”” />

10GBのでできることまとめ。

内容スマホの場合パソコンの場合
ホームページ閲覧30,000回4,000回
テキストメール500文字65万通30万通
テキストメール300文字+写真1枚10,000通2,000通
Youtube40時間
(スマホ用標準画質360p)
13時間
(HD画質720p)

※ホームページ閲覧は、UQ WiMAXのトップページで計算した場合
「7GB通常プラン」の速度制限
「ギガ放題プラン」に比べると制限が非常に厳しく、その月の合計通信量が7GBになった瞬間に128kbpsの速度制限を受けてしまいます。
128kbpsというと、Lineやテキストメール以外ほぼ何もできないレベルの通信速度です。
速度制限を受けてしまうと解除方法はないので、翌月になるまでWiMAXは使いものになりません。

WiMAXの速度制限規制は、ほとんどの人が気にしなくても大丈夫です!

新ルールでは、速度規制を従来よりも心配する必要が少ないことがわかります。
データ通信の利用内容も1Mbpsでも不便さを感じないのであれば、もし速度制限がかかっていたとしても気づかないレベルです。