注目キーワード

光コラボとは?

光回線といえば、NTT東日本とNTT西日本だけのサービスでした。
この回線サービスを様々なプロバイダーとセットにして様々な代理店が販売していたのが今までの方法です。
しかし、このNTT東日本と西日本だけだった光回線サービスが、一般に卸売されたのが、光コラボレーション(通称:光コラボ)と呼ばれるサービスで、
2015年3月に開始されました。
これにより、NTTの代理店は自社オリジナルサービスを付けて、料金設定や販売をすることができるようになりました。
この光コラボレーションとは、「回線の自由化」のことです。

光コラボレーションモデルのメリットとデメリット

メリット

工事なしで、料金を安くできる。
すでにフレッツ光を利用してる方は、「転用」により追加工事なしに光コラボに切り替えられます。
申し込み先とその後の連絡先が統一される(窓口の一本化)ので、分かりやすい
価格競争が激しくなり、割引が期待できる。

デメリット

速度が遅い
フレッツ光の回線に比べて、回線速度が遅くなったという声があります。
一度フレッツ光から転用したら、フレッツ光には戻れない。
通信速度の問題などでフレッツ光に戻りたいと思っても、逆転用のサービスはありません。
固定電話番号が変わる可能性がある。
NTTの契約から他社に転用する場合は、「ひかり電話」の電話番号はそのまま引き継がれます。
しかし、転用後に他社から他社に契約を変える場合は、電話番号が引き継げない可能性があります。