注目キーワード

光回線(光ファイバー)の特徴

インターネットに接続する回線には、電話回線を併用したADSL、ISDN、光ファイバーを利用した光回線、CATVなどが挙げられます。その中でも、近年普及が進んでいるのが光回線です。
従来、インターネットに接続して情報をやり取りする際には、電話回線を使って伝達するのが基本でしたが、光回線は、光ファイバーに光を走らせる新技術を利用して、情報をやり取りしています。この仕組みの違いによって、情報の減衰やノイズの干渉、電磁波などの影響を受けずに情報の行き来ができるのが光回線の特長です。
また、光は電気よりも伝達速度が速く、その分情報も高速化することが可能です。このため、光回線は高速でデータ通信を行えます。

光回線は、高速でインターネット通信を行いたいと考えている方に最適な回線の一つです。
また、画像など大きなファイルの送受信を日常的に行ったりするのであれば、光回線は他の回線にはない快適さを得ることができます。ノイズの影響や減衰が起きないため、安定して速度を維持できるのも特長です。この通信速度は、基地局との距離や周りの環境に影響されないので、どの場所でも同じ速度が維持できることもメリットに挙げられます。
ADSLと呼ばれる回線では、データを受信する速度を重視し、データを送信する速度に時間がかかってしまいますが、光回線ではデータの送信・受信ともに、高速での通信ができます。インターネットの配信サービスを利用して映画を観るのも、動画投稿サイトへ自分の動画をアップロードするのも、ストレスを感じずに行えるでしょう。
日常的に動画サイトで映画や音楽を鑑賞したり、SNSで友達や家族と画像や動画をやりとりしたりする機会も多いと思います。こうしたサービスのページは大量の画像を一気にたくさん表示することが多く、回線の速度が遅いとなかなか動かなかったり、止まってしまったりとストレスを感じることもあります。
また、パソコンを動かす基本のプログラムであるOSなどは、インターネットを使って最新のバージョンに自動更新されるのが一般的です。大きな容量のデータになるので、回線によってはうまくいかない場合もあるかもしれません。
もし現在の環境が光回線ではなく、不自由を感じるようであれば、回線を光回線に切り替えるのもよいのではないでしょうか。